まっさらな状態からの出発ということで、白色の胡蝶蘭をおすすめしているお店が多いです。胡蝶蘭の色選びで迷った場合には、白を購入すれば間違いないでしょう。なお、色以外にも注意したいポイントがありますので、胡蝶蘭を買う際の参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

開店・開業たとえば開店・開業に限った話ではありませんが、お祝いとして贈る場合には花の本数に気をつけなければいけません。開店・開業祝いとして胡蝶蘭を贈る場合には、本数は偶数ではなく奇数のものを選びます。これにはしっかりとした理由があって、割れない数という意味が込められているのです。3本立ての胡蝶蘭でもよいのですが、より華やかな感じを出したいということであれば、5本立てになっている胡蝶蘭を贈るとよいでしょう。

そのほか、実際に贈る胡蝶蘭を選ぶときになって、大輪とミディ(ミニ)があることに気づく人は多いでしょう。開店・開業のお祝いとして贈る場合には、大輪が多くの人に選ばれています。開店・開業祝いの胡蝶蘭の選び方をまとめると、色は白で大輪、本数は奇数という点を押さえておけば、マナー違反にあたるようなこともなく、受け取った相手にも喜んでもらえることでしょう。