贈る開店・開業のお祝いとして胡蝶蘭を贈る場合、どのタイミングで贈るのがよいのかわからず困ってしまう人もいるでしょう。最低限、押さえておきたいこととしては、開店・開業後に届くようにするのは避けておいたほうがいいということです。オープンの前日までに贈るのが常識になっているためです。開店・開業の1週間前から贈ってもよいとされていますが、傷んでしまうのが心配という人もいるでしょう。この点に関し、胡蝶蘭はほかの傷みやすい花と比べて長持ちしてくれるため、日数に余裕を持って送っても駄目になってしまう心配が基本的にありません

次に金額ですが、贈る相手との関係の深さによって決定するとよいでしょう。5,000~50,000円と相場を調べてみると金額にかなりの開きがありますが、取引先のように重要性の高い相手の開店・開業であれば予算は高めに設定したほうがよさそうです。あまり金額が低いと、自分達が低く見られていると思われてしまう可能性もないわけではありません。また、逆に親しい友人などはあまり高額な贈り物をすると逆に気を遣わせてしまうこともあるため、相手の性格によっては気を遣わせない程度の金額の胡蝶蘭などのお祝いを贈るというのがよいでしょう。